明らかに自分達より格下に置いて、まるでペットのするかのような態度だった。